2020.5.20新型コロナに関する羅漢からのお知らせ >>> こちらをCLICK

ご香典について

御香典の表書き

御香典の表書きとは

昔は各自がお香を持参して仏さまに手向けていました。
今はお香を持参する代わりに、 お香料を御香典という形で包む事になったのです。
神式の場合には、お香ではなく玉串を霊前に供えるので「御玉串料」というわけです。 キリスト教の場合は花を供えるので「御花料」となります。

仏式(葬儀の時)

黒白の水引を使います。表書きには上段中央に「御霊前」と書くことが最も多いようですが、 浄土真宗の場合は「御仏前」と書きます。
他に「御香典」「御香料」と書く場合もあります。

仏式(四十九日後の法要)

黒白の水引を使います。表書きには上段中央に「御霊前」と書くことが最も多いようですが、 浄土真宗の場合は「御仏前」と書きます。
他に「御香典」「御香料」と書く場合もあります。

神式の場合

銀の水引を使って、「御玉串料」と書きます。
「御神前」「御榊料」と書く場合もあります。

キリスト教の場合

「献花料」や「御花料」と書きます。
水引はなくても構いません。

二人で一緒に包む場合

横に並べてそれぞれの名前を書きます。             

グループで包む場合

半紙などにメンバー全員の名前を書き中袋に入れます。
表書きには「○○会有志」とか「○○会社営業部一同」のようにグル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です