2020.4.7新型コロナに関する羅漢からのお知らせ >>> こちらをCLICK

【浄土宗】戒名・法名

宗派による特徴 「浄土宗」

浄土宗では、戒名の上に誉号(よごう)をつけることがあります。
これは、本来は、教義を五重に分けて信者に授ける五重相伝会というものを受けられた方に おくられるものでしたが、現在では、五重相伝を受けていない方にも与えられてあるそうです。

  • 男性の場合:○○院□誉△△居士(信士)
  • 女性の場合:○○院□誉△△大姉(信女)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です